鼓膜形成術

慢性中耳炎、外傷性鼓膜穿孔、鼓膜チューブ抜去後などに鼓膜に穿孔(穴)が持続することがあります。鼓膜穿孔があると難聴を生じ、水泳や洗髪による細菌感染(急性中耳炎)の原因にもなります。鼓膜穿孔に対しては全身麻酔による鼓室形成術型が行われますが、穿孔が比較的小さい場合には局所麻酔下に簡易的な鼓膜形成術で穿孔を閉鎖する事が可能です。

鼓膜形成術

局所麻酔で行う日帰り手術で実施しております。手術時間は約30分~45分です。
鼓膜の穿孔を閉鎖するための皮下組織の採取を行い、鼓膜の穿孔縁をトリミングし、採取した皮下組織で穿孔を被い生体糊で固定します。

当院の手術の特徴

  • 手術はすべて局所麻酔による日帰り手術です。
  • 手術はもちろんですが、術前の診療や手術の説明、術後の診療・処置はすべて院長が責任を持って担当します。

術前検査

採血検査、心電図検査などを行います。

手術の説明

外来診療とは別に時間をとって、手術の適応・内容・合併症の可能性などについてご説明します。

手術当日

  • 朝食は食べずに来院していいただきます。
  • 局所麻酔:鼓膜麻酔および皮下組織採取部を注射で麻酔します。この局所麻酔で痛みはほとんどコントロールできます。
  • 手術時間:手術の内容により30~45分程度です。
  • 手術直後から聴力が回復します。

手術翌日(術後1日目)

来院していただき、術後の状態をチェックします。

術後の通院

翌週に1回、その後は医師より適宜指示いたします。

鼓膜形成術の費用

すべての手術は健康保険が適用され、厚生労働省が定めた手術費用は以下になります。
高額療養費制度について(患者様の年収によって一月分の医療費の上限金額が決まっております)
※下記の費用には、麻酔薬、点滴薬、医療材料等の費用は含まれておりません。

鼓膜形成術(片側) 3割負担 54,300円

※申し訳ありませんが、当院ではクレジットカードのお支払いをお受けしておりません。現金でのお支払いとなります。

当日順番予約